読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日ノ本ヲ駆ケル

HONDAのバイク、VFR1200Fで日本一周してきた時の記録です。

日本一周79日目

こんばんは、あっきゅです。

今回はかじたさんに会いに名古屋に行った時のことを紹介します。

f:id:akkyu_5945:20170213220948j:plain

実は昨日、かじたさんも高山に行っていたようで、そこで一泊した後、今日の夕方名古屋に帰ってくるとの事だったので、私もそれに合わせて出発します。


国道41号線を走っていると事故が。

ワンエイティが電柱に突っ込んでました。


昨日別の事故を見たばかりですが、やはりこの地方で道路を走るのは命がけなんだなと思い知らされたり…。

私よく今まで生きてたな。


f:id:akkyu_5945:20170214175205j:plain

待ち合わせの時間まで余裕を持たせて来たので、むつみさんはオータケパーキングに停め、まずはメロンブックスへ。

そしてとらのあなかららしんばんへ行き、久々の同人アイテム巡りなど洒落込みます。


でもこれといって欲しいものは見つかりませんでした。

旅人になって好みが変わったっぽいですねー。

お金がないから何も買わなかったってのもありますがw


その後は名駅周辺を散策。

f:id:akkyu_5945:20170214175625j:plain

f:id:akkyu_5945:20170214175746j:plain

f:id:akkyu_5945:20170214180140j:plain

かじたさんの到着が遅れるとの事だったので、腹の虫を鎮めるために「八天堂」のクリームパンを購入。

f:id:akkyu_5945:20170214180408j:plain

小倉マーガリンだったかな?

ここのお店のクリームパン自体初めて食べましたが、生地から何からふわふわで個人的に好きな食感でした。

単価が高いのは難点ですが、たまの贅沢や手土産には良さそうですね。


しばらくするとかじたさんから連絡が。

予定より遅れる旨の連絡は事前に貰っていたのですが、それよりも更に遅れるとの事。

ですが私はそれでも会いたいと思っていたのでわがままを言うと、不調のR1に鞭打って高速を使って帰って来てくれました。

f:id:akkyu_5945:20170214181253j:plain

この時はホントにありがとうございました。

R1にも無理させちゃったみたいですいませんでしたw

2人とも晩御飯がまだだったので、かじたさんがオススメしてくれたラーメン屋さんへ。

f:id:akkyu_5945:20170214181839j:plain

名古屋のサンタツーリングの打ち上げでも使われるという「銀のくら」さん。

私は初訪問です。

f:id:akkyu_5945:20170214182056j:plain

かじたさんがオススメしてくれた「にんにくバターラーメン コーントッピング」と「ライス」

「大ライスが良いよ!」って言われましたが胃袋的にキツイかなと思い中ライスにさせてもらいました。

とても美味しかったです!

その上かじたさんにご馳走していただきました。

ご馳走様でした!

日本一周中で一番美味しいラーメンでした!


ラーメン屋さんを出た後はゆっくりお話出来るところまでバイクで移動します。

短い距離でしたが2人してこうやって名古屋を走る時間はとても不思議な感じがしました。

お互いがこんな近くに住んでいたにも関わらず、私とかじたさんが初めて出会ったのは北海道のバイクステーション稚内

そこで一緒に走り、意気投合し、そしてまたこうやって、今度は慣れ親しんだ名古屋の道を走っている。

人の縁ってのはなかなかどうして面白いものかと感じざるを得ませんでした。

欲を言えばこんなにも良い友達と、もう少し早く出会わせて欲しかった。


f:id:akkyu_5945:20170214183214j:plain

名古屋城をバックに記念撮影し、かじたさんにもらいタバコしながら駄弁ります。


北海道での思い出からアリゲーターガーの事まで色んなことを話しました。


そんな時間を過ごす中、かじたさんとはもっと一緒にいろんなとこに行ったり楽しんだりしたいなって思いが芽生えました。


それにこの頃は、このまま早いペースで旅を続けていて、果たしてそれが楽しいのかも疑問に感じていた時期でした。


それならここいらで越冬すれば、来年の春からまたゆっくりと旅をする事も出来ますし、かじたさんと香嵐渓に行ったり、サンタツーリングしたり、冬の高山に行ったり出来るんじゃないかと。


そう思っていましたが、結局そうする事は出来ませんでした。


この時はとても残念に思いましたが、これはこれでタイミング的に、別の嬉しい出会い達に繋がります。

でもそれはまだ先のお話。


次の日からは悔しいながらも旅を再開し、高山方面へ向かいます。

では。