読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日ノ本ヲ駆ケル

HONDAのバイク、VFR1200Fで日本一周してきた時の記録です。

日本一周70日目

おはようございます、あっきゅです。

今回は秋田県のホテル「本荘ステーションホテル」さんから山形県の「庄内夕日の丘オートキャンプ場」さんまで進んだ時のことを紹介します。

f:id:akkyu_5945:20170119045637j:plain

この日は念願の名道50選「鳥海ブルーライン」を走るところからスタートです。

一昨日とは打って変わって快晴でした。

f:id:akkyu_5945:20170119050452j:plain

やはり名道を走るなら天気は重要ですね。

いくら景観が良くてもそれが霧に隠れてしまえば感動できませんし、気持ちの良いワインディングも雨や風で楽しめなければ意味はありません。

なんでこんな簡単なことに気付かなかったんだろう…。

f:id:akkyu_5945:20170119050907j:plain

この日は前日までの雨で遠くまで見渡せるほど空気が澄んでいました。

名道を楽しむには絶好の天気です。

f:id:akkyu_5945:20170119051128j:plain

鳥海山五合目の駐車場まで来たところで休憩する事に。

もうこの辺りは紅葉が始まっていました。

f:id:akkyu_5945:20170119051821j:plain

そして鳥海山山頂は白みがかって見えます。

登山に来た方に話を伺うと冠雪しているそうな。

冬が近づいて来ていますね。

五段高原が積雪するまでには間に合わせようと、この時は強く思いました。


f:id:akkyu_5945:20170119052246j:plain

気温の方もだいぶ低かったので温かいうどんでも。

「鳥海うどん」と呼ばれる、山菜と辛味噌の入ったうどんを頂きました。

辛子とつゆで温まることができました。

良いものです。

f:id:akkyu_5945:20170119232107j:plain

そして火照った体を酒粕アイスで冷やす事に。

せっかく温まったのに意味がない。

外気温も低いせいでなかなか柔らかくならない。

なのでアイスを持ったまま寒い外にいて余計に寒くなる。


自分でも何してるんだろうと思いましたがご当地アイスに弱いのはライダーの性か…。

味は北海道の雨竜で食べた米のアイスと比べ、邪魔にならない程度の酒粕が好印象。

甘さも自然な感じで良いものでした。

ただ熱い時に食べたかった。

f:id:akkyu_5945:20170119232527j:plain

その後は鳥海ブルーラインを走りきり、最上川沿いに少し進んでみる事に。

国道沿いを少し進むと本屋さんがあったのでまんがタイムきららが無いかのぞいて見ました。

すると…。

f:id:akkyu_5945:20170119232655j:plain

有りました。

念願のまんがタイムきららゲットです。

あっちこっちってまだ続いてたんだな…。

社会人一年目の帰省中に新幹線内で単行本を読んでた気がするんですが、今年で連載10年目だそうな。

素晴らしい事ですねw


この後しばらく最上川沿いを進み、韓国チックな道の駅で折り返し本日最後の目的地であるキャンプ場へ。

f:id:akkyu_5945:20170119233641j:plain

本日お世話になるのは「庄内夕日の丘キャンプ場」さん。

管理人の方も親切で良い感じのキャンプ場ですが…

f:id:akkyu_5945:20170119233834j:plain

ダートです。


そうそう、このキャンプ場、空港の滑走路が目の前にあります。

f:id:akkyu_5945:20170119233956j:plain

なので飛行機の離着陸が間近で見られますよ。

轟音とともに鉄の塊が動く様は圧巻です。

f:id:akkyu_5945:20170119233834j:plain

でもダートです。


f:id:akkyu_5945:20170119234241j:plain

と、こんな感じですが夕日も綺麗でロケーションも最高なのでオススメのキャンプ場です。


さて、買い出しに行きましょう。

バイクで五分程の所にイオンがあるのでそちらへ。

f:id:akkyu_5945:20170119234513j:plain

すると入り口に…。

ワケガでしたっけ?

ご当地アイドルとしてまだ頑張ってるんですねー。

f:id:akkyu_5945:20170119234731j:plain

そしてキャンプ場へ戻り、炭で鶏肉を焼いていると雨に降られ、テントの中でまんがタイムきららを読みながら鶏肉を焼きつつ一杯やりながらこの日は終了となりました。


では。